金融機関のデジタル活用〜デジタル活用のヒントを探る〜
ニュース
» 2021年04月27日 13時58分 公開

マネックス、利益5倍 仮想通貨事業が利益の半分に(1/2 ページ)

マネックスグループは4月27日、2021年3月期の決算を発表した。好調な株式市場や仮想通貨市場を背景に、連結税引前利益は213億円と、前期比5倍に増加した。

[斎藤健二,ITmedia]

 マネックスグループは4月27日、2021年3月期の決算を発表した。好調な株式市場や仮想通貨市場を背景に、連結税引前利益は213億円と、前期比5倍に増加した。

日本、米国、そして仮想通貨事業のそれぞれが好調だった

 特に大きな利益を生み出したのが仮想通貨取引所「コインチェック」を持つ仮想通貨事業だ。税引前利益は、第3四半期(10−12月)の24億円から2.7倍に増加し66億円に。年間ではグループ全体の利益の48%を生み出した。

 コインチェックの口座数は120万口座となり、前期比で28%増加した。国内仮想通貨取引所口座数413万のうち、28%を占める。昨今の仮想通貨価格の上昇や、テレビCMの開始が効果を発揮し、口座数は急増。増加数は前四半期から3.8倍となった。

 決算資料では、米国で上場し一時時価総額11兆円を付けた仮想通貨取引所コインベースに触れ、「コインベースの四半期純利益は800〜900億ドル。コインチェックの四半期純利益はその1割弱」だと、ポテンシャルをアピールした。

 コインチェック買収の際に、21年3月期までの3年間の純利益合計額に対して2分の1を上限に追加で譲渡費用を支払うアーンアウト条項が設定されており、これが連結税引前利益に影響していた。21年4月からは利益がフルに連結されることになり、このことも今後の利益を押し上げるとみられる。

コインチェックの利益は急成長した
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -