フィンテックで変わる財務
ニュース
» 2020年10月27日 17時44分 公開

コインチェック、マネックスグループ入り後で最高益

マネックスグループは10月27日、2021年第2四半期(2020年7〜9月)決算を発表した。うち、暗号資産取引所を営むコインチェックの収益は拡大。本四半期の営業収益は17億7300万円、利益は7億円と、18年4月にマネックスグループ入りしてから最高益となった。

[斎藤健二,ITmedia]

 マネックスグループは10月27日、2021年第2四半期(2020年7〜9月)決算を発表した。うち、暗号資産取引所を営むコインチェックの収益は拡大し、本四半期の営業収益は17億7300万円。セグメント利益は前四半期比で7倍の7億円となり、18年4月にマネックスグループ入りしてから最高益となった。

 マネックスグループは、「クリプトアセット事業セグメントは利益の柱になった」としている。

コインチェック(マネックスグループ内クリプトセグメント)の、営業収益5四半期推移(決算発表資料)

 国内市場全体のビットコイン取引量は対前年で14%の減少だったが、コインチェックの販売書取引量は前年並だった。一方、ビットコイン以外のいわゆるオルトコインは国内最多の14種類を取り扱っており、取扱高の過半をオルトコインが占めた。

ビットコイン(BTC)取り扱い高は安定している一方、アルトコインの取引高がトレーディング収益に影響する(決算発表資料)

 本四半期で約7万の新規ユーザーを獲得した。登録ユーザー数は延べ215万人。うち本人確認済み口座数は99万となった。

過去6四半期で、新規登録ユーザー数も最大となった (決算発表資料)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -