3分Biz.
ニュース
» 2021年04月27日 18時20分 公開

トヨタ、スズキなど5社、「つながるクルマ」基盤を共同開発 通話クリアに、接続スピード向上へ技術結集

トヨタなど5社が、コネクテッドカーの車載通信機の仕様を共同で開発する。提供するアプリやサービスはそれぞれ自社開発で差別化するが、基盤は共通化して開発を効率化する。

[ITmedia]

 トヨタ自動車、スズキ、SUBARU、ダイハツ工業、マツダは4月27日、コネクテッドカーの車載通信機の仕様を、共同で開発すると発表した。クルマを通じて提供するアプリケーションやサービスはそれぞれ自社開発で差別化するが、基盤となる車載通信機の分野では互いのノウハウを結集し、開発を効率化する。

 トヨタが開発した車載通信機の技術をベースに、他4社の技術を盛り込み、クルマからネットワーク、車載通信機センターまで、接続の仕様を共通化したシステムを構築する計画だ。

 共同開発したシステムでは、車両と車載通信機センター間の通信品質がこれまで以上に安定し、運転手とオペレーターの通話がクリアに、接続スピードも速くなるという。各社の開発工数も減り、システム運用や機能追加の負担も軽減できるとしている。

 5社以外にもパートナーを募り、連携を検討していく。

photo 車載通信機の仕様を共同開発する。その上で、提供するアプリケーションやサービスは各社が開発・差別化する=トヨタのニュースリリースより

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -