連載
» 2021年04月28日 06時00分 公開

1泊20万円超も コロナ禍なのに高級ホテルが続々開業するワケリピーター続々(2/5 ページ)

[瀧澤信秋,ITmedia]

えっ、高級車「マセラティ」での送迎?

 2020年11月に開業した「HAKONE NICA」(神奈川県箱根町)は、“箱根の自然に包まれたラグジュアリーホテルで過ごす理想的な、非日常”をコンセプトにする。宮城野の国道から脇道を入り、かなり坂を上がった場所に位置するため隠れ家度も高い。アクセスは箱根登山鉄道強羅駅より車で10分、ホテルからの送迎もあるが、車は高級車「マセラティ」を使用している。

HAKONE NICA

 ロビーに入った瞬間、オープンエアーの開放的なロビーラウンジが広がる。正面の山腹に臨む強羅温泉や早雲山、富士山眺望に圧倒されているとスマートにシャンパンが振る舞われる(ウェルカムドリンクは数種類あり)。料金はオールインクルーシブ(食事やアルコールも含め宿泊料金に含まれる)とした。客室は3タイプ8室、全室源泉かけ流し温泉&テラス付きで約50平方メートル。この価格帯のクラスにしては狭めの印象だが、眺望を確保するため場所を選んだ建設ということで、最大限可能な客室面積を確保したという。

 とはいえ実際にステイしてみると、さまざまな滞在シーンを想定しつつ家具の配置などもよく計算されている。それら質感の高さをはじめ厳選されたアメニティなどもあり、快適に過ごせるように配慮されている。予約サイトなどの口コミも概して高得点。具体的な数字は出せないが緊急事態宣言期間を除き驚くべき稼働率を誇る。実勢料金を調べてみると1泊(2人1室)11万〜12万円(オールインクルーシブ)であった。

 総支配人の岩月晃史氏は「全8室でスタッフ8人という規模だからこそ、行き届いたサービスとホスピタリティの提供を可能にする」と自信を滲ませる。リピーターが多いことも特徴だといい、開業して5カ月ほどだがリピーター率は4割近くを占める。「1週間後に再び予約をいただけるゲストも珍しくない」(岩月氏)というから驚きだ。

HAKONE NICA総支配人 岩月晃史氏

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -