ニュース
» 2021年05月11日 13時33分 公開

「副業で月5万円以上の収入」は19%──高収入の人の本業は?過半数は「月1万円未満」

副業をしている会社員・公務員のうち、月に5万円以上の副業収入がある人は約19%──ITツール比較サイトSTRATEを運営するSheepDog(東京都品川区)が行った副業に関する調査で、このような結果が判明した。

[小林可奈,ITmedia]
photo 画像はイメージです(提供:ゲッティイメージズ)

 副業をしている会社員・公務員のうち、月に5万円以上の副業収入がある人は約19%──ITツール比較サイト「STRATE」を運営するSheepDog(東京都品川区)が行った副業に関する調査で、このような結果が判明した。

月に5万円以上は約19%

 副業で月にどれくらい収入を得ているかについて、最多の回答は「1万円未満」で63.0%、次いで「1万円〜5万円未満」が17.0%だった。5万円以上と回答した人はあわせて18.9%にのぼった。

photo 過半数の人は月1万円未満

「ポイ活」人気も影響か

 どんな副業をしているのかについて、最多を占めたのは「アンケート・モニター等」の55.0%。次いで多かった「アルバイト等」11.0%、「株などの資産運用」8.7%などを大きく引き離す結果となった。SheepDogによると、ポイントを貯めたり運用したりすることで利益につなげる「ポイ活」の人気が背景にあるという。

photo 自宅でPCを使って行える副業が人気

 アンケート全体の傾向としては、資産運用や執筆デザイン作業、せどりなど、自宅でPCを使って行える副業が人気だが、中には配信アプリ(ライブ配信)や着物着付け、ストックフォト、農業といった回答も見受けられた。

副業で20万円以上稼いでいる人の本業 最多は公務員

 副業で20万円以上稼いでいる人の中で最も多かった職業は公務員で14.29%。副業が原則禁止の公務員が、正社員(3.45%)や契約・派遣社員(2.63%)の割合を10ポイント以上上回る結果になった。

photo 原則は副業禁止の公務員が20万円以上を稼いでいる

 また、副業で1万円以上稼いでいる人を年代別に見ると、20代が10.29%と最も多く、次いで30代で8.46%、40代で5.65%、50代で4.65%という結果に。5〜10万円稼いでいる人の割合を年代別に見ても20代が23.53%と最も高く、若い世代の方が、副業に注力している様子が伺える。

 調査は、同社が4月23日、全国の正社員、契約・派遣社員、公務員の男女400人を対象にインターネットで実施した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -