ニュース
» 2021年05月12日 05時28分 公開

「ポケペイ」にて、デジタル地域通貨「prane-money(プラネマネー)」利用開始

情報通信業のポケットチェンジ(東京都港区)が提供する「pokepay(ポケペイ)」は、千葉県木更津市のデジタル地域通貨として「prane-money(プラネマネー)」の利用開始を発表した。

[季原ゆう,ITmedia]

 情報通信業のポケットチェンジ(東京都港区)が提供する「pokepay(ポケペイ)」は、千葉県木更津市のデジタル地域通貨として「prane-money(プラネマネー)」の利用開始を発表した。

 prane-money(プラネマネー)は木更津高専生で構成されたprane.jpn(プラネジャパン)が運営するデジタル地域通貨。現在は千葉県木更津市にあるKUKULUホテルのL'EPICUREAN (ビストロエピキュリアン)、prane_Laniで使用でき、今後も地元の活性化につながる活用を予定している。

 pokepay(ポケペイ)は誰でも簡単にオリジナル電子マネーアプリを作れるプラットフォームであり、自社独自の決済システムを開発費用をかけずに無料で導入できる。システムの導入により集計・精算業務の工数削減や、前払による顧客の囲い込み、来店頻度の向上などのメリットが見込まれる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

続きを読むには、コメントの利用規約に同意し「アイティメディアID」および「ITmedia ビジネスオンライン通信」の登録が必要です

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -