メディア
3分Biz.
ニュース
» 2021年05月13日 09時47分 公開

「転職意欲が向上した」84.6% 挑戦したい業界は?平均年収740万円の人たちに聞く

転職サイト「ビズリーチ」はサイト会員を対象に、コロナ禍での転職活動に関するアンケートを実施した。その結果……。

[季原ゆう,ITmedia]

 転職サイト「ビズリーチ」はサイト会員(平均年収740万円、平均年齢40歳)を対象に、コロナ禍での転職活動に関するアンケートを実施した。その結果、84.6%が「コロナ禍で転職意欲が向上した」と回答した。2020年4月に実施したアンケートでは同57.0%だったことから、長引くコロナの影響で転職意向に変化が出ているようだ。

2021年調査、転職に対する考え方(出典:ビズリーチ)
2020年調査、転職に対する考え方(出典:ビズリーチ)

 転職を検討する理由としては、「企業・事業に将来性を感じられなくなったから」(28.2%)、「経験・スキルが生かせていないから」(27.9%)、「他の産業や業界を経験し、スキルの幅を広げておいたほうが良いと考えたから」(11.4%)という意見が上位にあがった。

転職を検討している理由

 コロナ禍で注目を集める業界や領域で、今後挑戦したいものを聞いたところ、トップは「教育産業」(31.7%)、次いで「DX推進関連」(28.3%)、「医療」(27.7%)と続いた。このほか、「宇宙産業」(20.9%)、「IT系ベンチャー」(19.5%)といった声も目立った。

今後、挑戦したいと思っている業界

 また、転居を伴う転職に対しては、59.6%が「前向きに検討している」と回答。コロナをきっかけに働き方が変わり、働く場所も柔軟に対応できるようになったことから、居住場所のニーズも変化していることがうかがえた。

 調査はビズリーチ会員を対象に、3月29日から4月4日に実施した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -