3分Biz.
ニュース
» 2021年05月14日 15時01分 公開

講談社、集英社、小学館が出版流通の改革へ 丸紅と新会社設立に向け協議AIを活用

講談社、集英社、小学館が出版流通の改革に乗り出す。丸紅と新会社設立に向けて協議を開始した。

[ITmedia]

 大手出版社の講談社、集英社、小学館は5月14日、大手総合商社の丸紅と出版流通に関する新会社設立に向けて協議を開始したと発表した。

大手が流通改革に乗り出した(出所:講談社公式Webサイト)

 出版流通は大手取次が主に担ってきたが、近年、さまざまな構造的課題が指摘されるようになってきた。そこで、出版業界と取引があり、他業界のサプライチェーン改革に実績のある丸紅をパートナーとして、新しい取り組みをスタートする。

 具体的には、AIを活用し、書籍・雑誌の流通情報を把握。流通全体の最適化を目指す。

 また、いわゆる「ICタグ」に埋め込まれた各種情報を用いて、在庫管理、棚卸の効率化、売り場における書籍推奨サービス、万引き防止などに役立てる。

 3社は、新しい取り組みに多くの書店や出版社の参加を呼び掛けていく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -