3分Biz.
ニュース
» 2021年05月14日 16時48分 公開

イオンモール、中国・湖南省に初出店 進出を加速中国は29モール体制が目標

イオンモールが中国への進出を加速させる。湖南省に初出店を決めた。湖北省と浙江省にも新たにモールを出店する。

[ITmedia]

 イオンモールは5月14日、中国の湖南省長沙市に初出店すると発表した。また、湖北省武漢市と浙江省杭州市にも新たにショッピングモールを出店する。

 湖南省には、「(仮称)イオンモール長沙茶塘(ちょうさちゃたん)」を2024年にオープンする。敷地面積は約11万5000平米。消費力と成長力の高い地域だとしている。

湖南省の「(仮称)イオンモール長沙茶塘」(出所:リリース)

 湖北省には、 「(仮称)イオンモール武漢江夏(ぶかんえなつ)」を23年にオープンする。敷地面積は約10万6000平米で、4000台を超える大規模駐車場を備える予定だ。

湖北省の 「(仮称)イオンモール武漢江夏」(出所:リリース)

 浙江省には、 「(仮称)イオンモール杭州銭塘新区(くいしゅうせんとうしんく)」を24年にオープンする。敷地面積は約8万9000平米。計画地周辺には浙江省が進めるスマートシティーである「未来社区」が建設中で、今後人口の増加や将来の発展が期待できるエリアだという。

浙江省の 「(仮称)イオンモール杭州銭塘新区」(出所:リリース)

 同社は、中国国内において、「北京市・天津市・河北省・山東省」「江蘇省・浙江省」「湖北省」「広東省」という4エリアにドミナント出店し、現在21モールを展開している。25年に海外50モール体制を目指しており、中国国内には29モールを出店する計画だ。

中国への進出状況(出所:リリース)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

続きを読むには、コメントの利用規約に同意し「アイティメディアID」および「ITmedia ビジネスオンライン通信」の登録が必要です

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -