3分Biz.
調査リポート
» 2021年05月21日 11時30分 公開

スマホ春の新規・乗り換え契約 3位「povo」、2位「Rakuten UN-LIMIT VI」、1位は?乗り換えを検討するサービスは?(1/2 ページ)

MMD研究所が18〜69歳の男女を対象に「2021年春商戦の通信サービス契約者実態調査」を実施した。

[ITmedia]

 マーケティングリサーチのMMDLabo(東京都港区)が運営するMMD研究所が、18〜69歳の男女を対象に「2021年春商戦の通信サービス契約者実態調査」を実施した。21年3〜4月に新規・乗り換え契約した人に通信サービスを聞いたところ「ahamo」が22.9%で最多となった。

(画像:ゲッティイメージズ)

 4万人を対象とした予備調査では、メイン利用のスマートフォン(スマホ)を契約した通信サービスを把握しているか尋ねた。その結果、88.6%が契約を把握していると回答した。契約した時期を聞いたところ、10.5%が「21年3月〜4月」と答えた。

 メイン利用のスマホを21年3〜4月に契約した3708人に、契約している通信サービスを聞いたところ「ahamo」が22.9%で最多となった。次いで「Rakuten UN-LIMIT VI」(18.7%)、「povo」(12.6%)、「docomo」(11.5%)と続いた。なお、「LINEMO」は5.0%で引き離された形だ。

メイン利用のスマホを契約している通信サービス(MMD研究所調べ)

 年代別では、ahamoとpovo、そしてLINEMOは「20代」が多く、Rakuten UNLIMIT VIは「40代」が多い結果となった。

年代別(MMD研究所調べ)
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

続きを読むには、コメントの利用規約に同意し「アイティメディアID」および「ITmedia ビジネスオンライン通信」の登録が必要です

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -