3分Biz.
ニュース
» 2021年06月01日 11時56分 公開

ファミマ店内にシェアオフィス誕生 22時間営業で、急増した需要に対応1日利用も可

ファミマ店内にコワーキングスペース・レンタルオフィスがオープン。コロナ禍で急増した需要に対応する。

[らいら,ITmedia]

 Blink Roppongi(東京都港区)は5月31日、東京ガーデンテラス紀尾井町「ファミマ!!」店内に、コワーキングスペース・レンタルオフィス「BLINK SMART WORKSPACE」(以下、同施設)の新店舗をオープンした。5路線が利用可能な永田町駅直結というアクセスのよさを打ち出し、周辺で働くビジネスパーソンの利用を狙う。

東京ガーデンテラス紀尾井町「ファミマ!!」店内にオープン(出所:リリース)

 同施設は、早朝4時〜深夜2時の22時間営業。1日利用、オープンデスク、固定デスク、個室オフィスの4つのプランのほか、6人用の会議室などを用意する。価格は、固定デスクを利用できるプランが月額6万6000円、鍵付き個室オフィスを利用できるプランが月額8万8000円などとなっている。

固定デスクエリア(出所:リリース)

 Blinkは世界的にレンタルオフィスやコワーキングスペースを企画運営してきたメンバーが4年前に設立。日本では2018年6月、東京・六本木に1号店をオープンしており、外国人入居者の割合は45%にのぼる。今回、国内2店舗目として東京ガーデンテラス紀尾井町「ファミマ!!」店内にオープンした。

オープンデスクエリア(出所:リリース)

 コロナ禍におけるテレワークの普及により、都心ではオフィスの解約・縮小が相次いでいる。その反面、自宅での仕事環境の確保が課題となっているビジネスパーソンは多い。同社はコロナ禍を機に増加したコワーキングスペース需要に商機を見出す。

個室オフィス(出所:リリース)
廊下(出所:リリース)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -