ニュース
» 2021年06月04日 07時00分 公開

NFTアートの価値とは? 知られざる3つのメリット(1/5 ページ)

最近巷でNFTアートが人気を集めています。NFTアートとは何なのか(あるいはそもそもNFTとは何なのか)、この人気の理由は何なのか、今後どのようなことが起こりうるのか見ていきたいと思います。

[太田圭亮,ITmedia]

 最近巷でNFTアートが人気を集めています。NFTアートとは何なのか(あるいはそもそもNFTとは何なのか)、この人気の理由は何なのか、今後どのようなことが起こり得るのか見ていきたいと思います。

盛り上がるNFTアート市場

 Hashmaskでデジタルアートが約8000万円で販売されたり、オークションハウスChristiesでアーティストBeepleのNFT作品が75億円で落札されたりと、かなり浮世離れしたNFTアートの話題が連日飛び込んできます。いままでNFTのニュースはブロックチェーン業界に閉じたものが多かった印象ですが、最近ではダミアン・ハーストのような世界トップのアーティストたちもNFTアートへの参加を表明しており、その影響は大きく広がってきています。

NFTの月間販売状況。急激に市場が拡大している

 このブームの要因はさまざまあると考えられます。まずは暗号通貨自体の価格高騰です。特にイーサリアムの急騰(2020年7月時点1ETH = 約3万円だったものが、21年4月には20万円強)により、同じイーサリアム上のトークンでありイーサリアムネットワーク上でやりとりされることの多いNFTの需要も上がったと考えられます。

 また、Dapps(分散型アプリケーション)や分散型取引所の数が増え、ユーザー体験も改善していったことにより、ブロックチェーンの知見が少ないクリエイターや買い手への間口が広がったことも起因しているでしょう。さらには、COVID-19のまん延によりそれまでのリアル空間でのエンターテイメントが制限され自然とデジタルコンテンツへの関心が高まっていたことも追い風だったのかもしれません。

 このようにNFTへの関心の土壌ができ上がったタイミングで、NBAなどの多くのビッグコンテンツがマーケットに参入したことで爆発的な人気につながったのでしょう。このNFTブームをバブルと危惧する人も多くいます。確かに投機的な取引が多いのも事実です。しかしながらNFT自体は革新的な技術であり、アートをはじめとしたコンテンツマーケットに今後も大きく貢献するでしょう。

世界各国でNFTアートのマーケットプレイス(販売所や取引所)が誕生した(スタートバーン)
       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -