ニュース
» 2021年06月04日 07時00分 公開

NFTアートの価値とは? 知られざる3つのメリット(2/5 ページ)

[太田圭亮ITmedia]

NFTとは何なのか

 そもそもNFTとは何なのでしょうか。NFTはノンファンジブルトークン(代替不可能な財)の略称です。そもそもトークンとは、ブロックチェーン上で記録された電子証票(デジタルの証券、手形、登記簿のようなもの)のことを指し、ブロックチェーンの特性上改ざんやコピーが極めて困難です。

 このブロックチェーン上のトークンは、その性質によってFT(ファンジブルトークン)とNFTに分かれます。FTはビットコインなどの暗号通貨のように一つ一つにユニーク性はなく、その数量が価値や価格の大きさに比例します。その財自体の数量が制限・コントロールされることで、FTは財としての価値をもちます。

 一方でNFTはそれぞれ財が固有の性格をもち、他の財とは代替することのできない財であり、ブロックチェーンゲーム内でのキャラクターなどがその例です。

FTとNFTの違いと特徴(スタートバーン)

 一般的に、NFT上にコンテンツの情報(データが保存されているサーバのURLやデータを暗号化した文字列など)を書き込むことで、コンテンツとNFTとを1対1にひも付けることができます。NFTにひも付けられたコンテンツも含めてNFTと誤解されることが多いのですが、NFTはあくまでもブロックチェーン上のトークンであって、そこにひもづけられたコンテンツとは別物なのです。

 コンテンツ自体はゲームのキャラクターでもデジタルアートでも普通のデジタルデータ(png、gif、movファイルなど我々が普段触れているようなデータファイルです)であって、これ自体は簡単に複製ができてしまいます。しかしながらNFTとひも付けられることで、そのコンテンツに関する権利を主張できるようになるのです。

 したがって、NFTアートという場合は、デジタルアートにNFTがひも付けられたものと理解するのが正しいでしょう(筆者の所属するスタートバーンのStartrailのように、リアルアートをNFTとひも付けているケースもあります)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.