3分Biz.
ニュース
» 2021年06月04日 14時05分 公開

価格で差別化 京都のホテルが30泊6万円の長期滞在プランを発表三菱地所系ホテルが二条城近くに

30泊6万円のホテルが京都二条城の付近にオープン

[熊谷紗希,ITmedia]

 三菱地所グループのロイヤルパークアンドリゾーツ(東京都千代田区、以下、ロイヤルパークホテルズ)は6月6日、京都の世界遺産・二条城近くに「ザ ロイヤルパーク キャンバス 京都二条」を開業する。同時に30泊6万円(税別)の長期滞在プランを提供することを明らかに。テレワークに従事するビジネスパーソンの利用を見込む。

ホテル内観(出典:以下、プレスリリース)

 「ザ ロイヤルパーク キャンバス」は、ロイヤルパークホテルズの宿泊主体型ホテルブランドとして2017年に誕生した。ミレニアル世代をターゲットとし、現在は東京・銀座や名古屋市など全国4カ所で展開。10月には北海道・札幌市で開業を予定している。

 長期滞在プランはツインタイプの客室(22.1平方メートル)限定としたものの、75席のラウンジを宿泊者向けに開放する。ラウンジにはWi-Fiとほぼ全席にコンセントを完備し、無料でコーヒー、有料で食事やドリンクも提供する。

ツインタイプの客室にはシャワーも付いている

 長期滞在プランとしては業界内でも低価格に設定した。同社のマーケティング担当者は「当社の他のホテルに泊まっているお客様を見ると、長期にわたって連泊しているケースが多く、長期滞在のニーズがあるのではないかと以前から感じていた。9月末までの期間限定だが、価格面で他社と差別化を図り、利用者数の拡大を狙いたい」と説明する。

朝食も提供

 コロナ禍で宿泊客が激減し、多くのホテルが影響を受けている。そこで各社は長期滞在に商機を見いだし、さまざまなプランを発売。東京都内ではホテルニューオータニや帝国ホテルなど高級ホテルが長期滞在プランを発表し、売り切れが続出している。大阪市のリーガロイヤルホテルは4月に30泊15万円から滞在できるプランを開始した。

 北海道ではニセコ樺山の里「楽 水山」(倶知安町)などのホテルが同様のプランを打ち出しており、1月に福岡市で長期滞在可能な「アミスタホテル福岡」がオープン。

 コロナ禍前には多くの観光客が訪れていた京都エリアにも、宿泊機能だけでなく、ワークスペースや図書館など、長期滞在可能な工夫を施したホテルが次々と開業している。今後の長期滞在プランは価格のみならず、他の観点でも他社との差別化を図っていくことが求められるだろう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -