金融機関のデジタル活用〜デジタル活用のヒントを探る〜
ニュース
» 2021年06月07日 17時34分 公開

auカブコム証券、手数料大転換 1日100万円まで無料、信用金利引き下げ、信用取引手数料有料化

auカブコム証券は7月19日から、売買手数料などの大規模な変更を行う。通常の売買手数料を他社並みに引き下げるとともに、1日100万円までの売買手数料を無料にする。さらに、25歳以下のユーザーについては、手数料を全額キャッシュバックし、実質無料化する。

[斎藤健二,ITmedia]

 auカブコム証券は7月19日から、売買手数料などの大規模な変更を行う。通常の売買手数料を他社並みに引き下げるとともに、1日100万円までの売買手数料を無料にする。さらに、25歳以下のユーザーについては、手数料を全額キャッシュバックし、実質無料化する。一方で、従来無料としていた信用取引手数料については有料に戻し、買方金利や貸株料については引き下げを行う。

 信用取引手数料の無料化など、独自路線を進めていたauカブコム証券だが、今回の大規模な手数料改定によって、競合他社との差を埋めた形だ。

手数料は基本的に他社の最安値に

 通常の手数料は、それぞれ値下げし、100万円以下の取引については、5大ネット証券の中で最安値にそろえた。信用取引も、従来の無料を廃止し、他社にそろえた形だ。

現物株の売買手数料(auカブコム証券)
信用取引の売買手数料(auカブコム証券)

 また、新設の「一日定額手数料コース」では1日あたりの、現物および信用取引の約定金額の合計に応じて手数料を課す。こちらも100万円までは無料とし、SBI証券および楽天証券にそろえた。

 また25歳以下のユーザーの手数料も全額キャッシュバックする。これは、SBI証券と同施策であり、松井証券は手数料を無料としている。

信用取引の金利、貸株料引き下げ

 また信用取引手数料無料化に伴って引き上げられていた、信用取引の金利や貸株料を引き下げる。一般信用の買方金利については、2.79%と競合他社を下回るコストとする。これまで手数料を課していた、現引、現渡についても手数料を撤廃する。

信用取引に伴う金利、貸株料(auカブコム証券)

 また、新サービスとして「デイトレ信用」も開始する。これは返済期限が当日のみとなる一般信用取引で、競合他社は提供済み。今回、手数料などの条件も他社にそろえた形で提供する。

 そのほか、大口優遇プランの条件緩和や、従来信用売り建てができなかった銘柄を売り建てできる「プレミアム料付空売り」も開始する。なお、API経由、信用ロボアド経由での取引については、信用取引手数料は引き続き無料とする。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -