3分Biz.
ニュース
» 2021年06月24日 11時10分 公開

コロナ禍に過去最高 2020年度、家具やインテリア販売市場売上好調(1/2 ページ)

コロナ禍による巣ごもり需要の拡大で、2020年度の家具やインテリア市場が好調だ。帝国データバンクの調査によると……。

[コネムラメグミ,ITmedia]

 コロナ禍による巣ごもり需要の拡大で、2020年度の家具やインテリア販売市場の売り上げが好調だ。帝国データバンクの調査によると、通期予想を含めた20年度の家具・インテリア販売市場は前年度から6.1%増え、1兆5000億円となった。ニトリやIKEAなどの大手が業界をけん引し、過去最高を更新する見通しだ。

家具・インテリア販売市場は過去最高を更新(出典:帝国データバンク)

 家具業界は20年4月の緊急事態宣言で、店舗の営業時間の短縮や休業、来客数の減少に見舞われた。宿泊業の低迷のあおりを受け、法人向け需要も急減。その一方で、「在宅時間が増え、家庭内の日用品など生活雑貨やインテリア用品、収納家具などの売り上げが大きく伸びた。また、自宅のテレワーク環境を整えるためのオフィスワーク家具の販売量が大幅に伸びるなど、コロナ禍を機に新たに生まれた需要を取り込めたことも追い風となった」(帝国データバンク)

家具の家計支出は例年に比べ好調(出典:帝国データバンク)

 総務省の調査では、家具や寝具、ホームインテリアなどへの支出額は、総じて19年度を上回っている。「特に一般家具はリアル店舗・ネットでの購入を含め、19年の消費税増税による駆け込み需要から反動減となった9月を除くすべての月で前年から支出額が増加した」(同社)。20年5月から国民全員に10万円の定額給付金が支給されたことも、消費者の購入意欲を後押ししたようだ。

 このような状況を背景に、低価格帯で大型量販店やEC販売分野に特化した家具店で、前年度から大幅な増収となる企業が相次いだようだ。「家具・インテリア製造小売最大手のニトリは、21年2月期の連結売上高が前期比11.6%増の7169億円だった。イケア・ジャパンも、20年8月期は前年から2.7%伸びて867億円だった」(同社)

ニトリやイケアは好調(出典:帝国データバンク)
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

続きを読むには、コメントの利用規約に同意し「アイティメディアID」および「ITmedia ビジネスオンライン通信」の登録が必要です

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -