3分Biz.
ニュース
» 2021年06月25日 13時45分 公開

東武百貨店、希望退職者200人募集 22年以降の黒字化目指す全国百貨店の売り上げ1824億円減

東武百貨店が24日、200人の希望退職者を募集した。コロナ禍で減収が目立ち、22年の黒字化を目標に事業構造改革を進めていくという。

[ITmedia]

 東武百貨店は6月24日、希望退職者を200人募集すると発表した。2022年度以降の黒字化に向けて、「EC事業の拡大」や「外商の強化」などで利益率の向上を目指す。

百貨店が経営難に陥っているかもしれない(出所:東部百貨店公式Webページ)

 希望退職対象者は、8月31日時点で満40〜64歳になる社員と再雇用契約社員。募集期間は6月17日〜7月15日で、退職日は8月31日となっている。退職者には、通常の退職金に割増退職金を加算して支給するほか、要望に応じて再就職支援を実施する。

 東京商工リサーチが20年9月に発表した「全国主要百貨店」業績調査によると、全国百貨店70社の売上高(19年4月から20年3月期)は5兆6186億円で前期比1824億円減となっている。

売り上げが落ちている(出所:東京商工リサーチ)

 同社は、22年度以降の営業収支黒字化に向けて、全館的なフロアMD(マーチャンダイジング)の見直しを図るなど事業構造改革に乗り出していく方針を示した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

続きを読むには、コメントの利用規約に同意し「アイティメディアID」および「ITmedia ビジネスオンライン通信」の登録が必要です

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -