ニュース
» 2021年06月25日 18時30分 公開

ファミマのバタービスケットサンド 過去最速で100万個売り上げ達成ファミマスイーツの勢いが止まらない!

ファミマが6月22日発売したオリジナルスイーツ「バタービスケットサンド」がファミマ史上最速で100万個の売り上げを達成した。開発の背景は? スイーツ開発に力を入れるファミマの狙いを見ていこう。

[熊谷紗希,ITmedia]

 ファミリーマートが6月22日から発売を開始したオリジナルスイーツ「バタービスケットサンド」シリーズの累計販売個数が、発売3日で100万個を達成した。ファミマスイーツ史上最速だという。

バタービスケットサンドは全部で3種類(以下、リリースより)

 フレーバーは3種類で、それぞれの売り上げは「チーズ」(約39万個)、「ショコラ」(約34万個)、「ラムレーズン」(約34万個)となっている。片手で食べられる手軽さに加え、濃厚なクリームとビスケットのホロっとした食感にハマる人が続出しているようだ。

 ヒットの理由を商品担当者に尋ねたところ、「3種同時発売にし、食べ比べを楽しめるようにしました。食べた方がSNSで話題にしてくれたことがきっかけで、広がっていったと考えています」と回答した。

一番売れているのはチーズ味

 ファミマは、近年オリジナルスイーツに力を入れている。2020年11月に発売した新感覚チーズケーキ「ショコラチーズケーキ」と「プリン!?なチーズケーキ」は発売から10日で合計売上個数は200万個を突破している。

 スプーンを入れた時の音が特徴的な「スフレ・プリン」は18年の発売から20年8月時点で、2800万個売れている。

 オリジナルスイーツに力を入れる理由について、商品担当者は「人々の生活習慣の変化に伴い、スイーツの購入意向も変化しました。品質の高さが重視されるようになり、コンビニなど家の近くでおいしいもの、いいものを食べたいというニーズが広がったと考えています」と話す。

2800万個売れているスフレ・プリン

 新型コロナウイルスの影響でストレスが溜まる中、自分へのご褒美やストレス発散としてスイーツを選ぶ人が増えているのかもしれない。ファミマスイーツの勢いはどこまで続くのだろうか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

続きを読むには、コメントの利用規約に同意し「アイティメディアID」および「ITmedia ビジネスオンライン通信」の登録が必要です

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -