連載
» 2021年06月30日 08時00分 公開

コワーキングサービスが無限増殖中 勝者になる条件は?相馬留美の「今そこにある商機」(1/4 ページ)

コワーキングサービス市場が伸びている。JLLの調査によると、東京都心5区のコワーキングオフィス市場が急拡大しているが、その背景に何があるのか。業者の数がたくさんある中で、勝者になるにはどんな条件が必要なのか。

[相馬留美,ITmedia]

 ワークプレイスプラットフォーム「TeamPlace」を運営する、AnyWhereは「世界のコワーキングサービス カオスマップ 2021年5月版」を公開した。掲載数は世界19カ国、合計123サービスで、国内・海外、事業者の業種別に分類されている。

コワーキングサービス カオスマップ 2021年5月版

 コワーキングサービスの世界市場は年々膨張しているが、日本国内でも同様だ。JLLの調査によると、東京都心5区(千代田区、中央区、港区、新宿区、渋谷区)におけるコワーキングオフィス市場は、新規供給増が2020年末は前年同期比で約2倍の供給量になるほど、市場が急拡大している。

東京都心5区のフレキシブル・オフィスの推移。フレキシブル・オフィスとは、一般的なオフィスの賃貸借契約ではなく、より使用者の目的に対応したワークスペースを利用できる新しいオフィスのあり方のこと(出典:JLL)

 カオスマップを作成したAnyWhere代表の斉藤晴久氏とインキュベーションコンサルタントの吉井慎人氏に、コワーキングオフィスがなぜここまで膨張しているのか、その裏側を聞いた。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -