3分Biz.
ニュース
» 2021年06月30日 12時40分 公開

三菱電機、電車の空調装置で不正検査 35年以上か安全性に問題は?

三菱電機は29日、長崎製作所(長崎県西彼杵郡時津町)が製造する鉄道車両用空調装置の検査において、不正があったことを認めた。現在調査中で、速やかに内容を公表するとしている。

[ITmedia]

 三菱電機は29日、長崎製作所(長崎県西彼杵郡時津町)が製造する鉄道車両用空調装置の検査において、不正があったと認めた。同製品の出荷先は、JRや私鉄各社、鉄道会社に納品する車両メーカーなどだ。詳細については現在調査中で、速やかに内容を公表するとしている。

 不正検査を巡っては同日、35年に以上にわたって繰り返されてきたと毎日新聞が報じた。三菱電機は6月中旬に不正を把握。該当製品の出荷を直ちに停止していた。

 同社広報部は編集部の取材に、「製品そのものの安全・機能・性能には影響がないことを確認している」と回答した。一部の報道が「少なくとも1985年から続いていた」と伝えていることについては、調査中だという。

photo 同社の発表全文

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -