コラム
» 2021年07月03日 16時20分 公開

身長155センチ以下! 小柄女性向けのブランドが、「月商1億円」になった秘密週末に「へえ」な話(1/4 ページ)

小柄女性向けのブランド「COHINA」をご存じだろうか。2018年に創業し、その後、順調に売り上げを伸ばしているのだ。その要因として、何があるのか。毎日続けていることがあって……。

[土肥義則,ITmedia]

 「ん? 服を買っているかって? ウチの会社はテレワークなので、仕事着はあまり買わなくなったなあ」「Tシャツくらいしか買ってないや」といった人も多いのかもしれない。

 Tシャツしか買わないというのは、ちょっと大げさかもしれないが、データを見ると「ふむふむ、そうかも」とうなずける部分もある。国内のアパレル市場は、バブル期に15兆円を超えたものの、その後はじりじりと減少傾向に。ピークから約6兆円が蒸発し、現在は9兆円ほどに。新型コロナ感染拡大などの影響を受け、ワールドもTSIホールディングスも三陽商会もオンワードホールディングスも、次々に店舗を縮小している。

国内のアパレル市場が苦戦している(出典:矢野経済研究所)

 もちろん、全てのブランドが低迷しているわけではない。ユニクロなどを運営するファーストリテイリングの直近の決算は、増収増益。ワークマンもしまむらも好調である。

 そんな状況の中で、筆者が気になっているブランドがある。身長155センチ以下の小柄女性に向けた「COHINA(コヒナ)」(運営:newn)である。身長173センチで、男性――。筆者はターゲットから大きく外れているのに、なぜ「気になっている」のか。売れに売れているからである。COHINAのことを知らない読者(特に男性)も多いと思うので、簡単にブランドのことを紹介しよう。

田中さんは学生時代に、小柄女性向けブランドを立ち上げる

 同ブランドは2018年1月に誕生した。身長148センチの田中絢子さんと、清水葵さん(共同創業者でディレクター)の2人が「身長が低い私たちでも、ジャストフィットで着れる服がほしい」という思いで立ち上げた。店舗を持たない、いわゆるD2C(ECサイトを通じて直接販売すること)である。

 2人ともアパレルで働いた経験はなし。インターンもなければ、アルバイトもしたことがない。しかも、大学生のときに会社を立ち上げた。右も左も上も下も分からないなかで、どうやって創業したのかというと、「ググって、ググって、ググって」(田中さん)とにかく、調べまくったそうである。業界で働くプロからすれば、「素人の2人が集まって、何ができるんだ? この世界は甘くはないぜ」と冷たい視線を投げかけていたかもしれないが、徐々に存在感を示し始めたのだ。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -