3分Biz.
調査リポート
» 2021年07月07日 12時05分 公開

小・零細企業、夏のボーナス支給額 3位「30〜40万円未満」、2位「20〜30万円未満」、1位は?夏のボーナス調査

小・零細企業を対象にした「夏のボーナス支給」に関する調査が発表された。支給額3位は「30〜40万円未満」、2位は「20〜30万円未満」だった。最多はいくら?また、冬のボーナスに対する期待についても聞いた。

[ITmedia]

 給与計算サービスなどを提供するフリーウェイジャパン(東京都中央区)は小・零細企業の従業員と代表取締役を対象に「夏のボーナス実態調査」を実施した。調査によると、夏のボーナス支給額の最多は「10〜20万円未満」となった。

夏のボーナス支給額はいくら?(画像提供:ゲッティイメージズ)

 ボーナス支給額の2位は、「20万円〜30万円未満」(17.0%)、3位は「30万円〜40万円未満」(12.8%)の順だった。

ボリュームゾーンは10〜30万円(出所:フリーウェイジャパン)

 61.7%が支給額に「納得している」と回答した。一方で、「納得していない」と答えたのは約4分の1で25.5%だった。

過半数が「納得している」という回答に(出所:フリーウェイジャパン)

 ボーナスの使い道は、1位が「預金・貯金」(40.4%)という結果に。同率2位は、「借金・ローンなどの返済」、「生活費」(12.8%)で、4位には「投資」(10.6%)がランクインした。将来に向けた預貯金や投資に、ボーナスを割り当てる傾向が見られた。

預金・貯金が最多(出所:フリーウェイジャパン)

 「冬のボーナス支給の見通しが立っている」と回答した経営者は21.0%、「立っていない」は約半数で46.9%だった。「冬のボーナス支給に対する期待」について従業員は、78.3%が「期待できない」「あまり期待できない」と回答している。新型コロナウィルスの長期化により、ボーナス支給への期待値が下がっていることが分かる。

預金・貯金が最多(出所:フリーウェイジャパン)

 フリーウェイジャパンは小・零細企業向けに経理サービスを提供している。今回の調査は、同社のサービスを利用する企業の従業員253人、代表取締役81人を対象とした。期間は6月15〜21日で、インターネットで実施した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -