3分Biz.
ニュース
» 2021年07月07日 14時24分 公開

高校生が好きなコーヒーチェーン 1位は「スタバ」、2位は?実態調査(1/2 ページ)

友達との会話を楽しむ高校生は。どこで時間を過ごすことが多いのか。LINEリサーチが調査した。

[コネムラメグミ,ITmedia]

 高校生がお茶をするときに行く場所の1位は「ファストフード店」(女子50%、男子32%)――そんな結果がLINEリサーチの調査で分かった。

どこでお茶をしているのか(画像はイメージ)

 次いで「ファミレス」(同44%、31%)、「フードコート」(同43%、25%)、「コーヒーチェーン(スターバックスやドトールコーヒーショップなど)」(同45%、19%)だった。

友達とお茶をする場所(出所:リリース)

 いずれも女子の方が割合が高く、特にコーヒーチェーンでは女子の割合が男子の倍以上だった。コーヒーチェーンは、学年が上がるほど女子の割合が高くなる傾向で、高3女子は5割弱だった。フードコートは低学年の割合が高く、1年生では2位だった。「スイーツのお店(ケーキ屋など)」は、女子では約2割だったが、男子では1割未満と低かった。「お店(コンビニ、スーパーなど)のイートインスペース」は、男女差はほぼなく2割弱という結果に。

友達とお茶をする時間(出所:リリース)

 一方で「友達とお店でお茶はしない」と回答した高校生は全体で約3割だった。女子は2割弱、男子は約4割と、男子高生はあまり友人とお茶をしない傾向が見られた。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -