3分Biz.
ニュース
» 2021年07月15日 18時20分 公開

大王製紙、紙製のハンガーやマドラーを販売 脱プラ需要に応える7月15日から販売

紙製のハンガーやマドラーが誕生した。飲食店やアパレルなどの脱プラ需要に応える狙いがある。

[ITmedia]

 ティッシュペーパー「エリエール」の製造元として知られる大王製紙は、7月15日に紙製のハンガーやマドラー、フックの販売を開始する。飲食店や小売店の脱プラ需要を獲得するのが狙いだ。

紙製ハンガー(以下、リリースより)

 同社はプラスチックの代替として高密度厚紙「エリプラペーパー」や、エリプラペーパーに耐水性、耐油性を付与した「エリプラ+(プラス)」などを販売し、ナイフやハンガーなどの素材として採用されてきた。

 今回、オリジナル商品「エリプラ プレミアム シリーズ」としてエリプラペーパーやエリプラ+を使用した、紙製のマドラー、フック、ミニハンガーの3種類を販売する。毎月の生産量は、マドラー50万本、フック83万個、ミニハンガー13万本を予定する。生産は、グループ会社の大日製紙(静岡県富士市)が担う。

開発した紙製マドラー

 マドラーはカフェやファミリーレストラン、ミニハンガーとフックはアパレル店を対象に提案を進める。ハンガーをあえてミニサイズにした理由について同社は「まずは小さいサイズを試験的に販売し、ニーズが確認できたら標準サイズやクリーニング店で使用するような大きめのサイズの生産も検討したい」と回答した。

 政府は22年までに、プラスチックごみの削減やリサイクル促進を強化するための新法「プラスチック資源循環促進法」の施行を目指している。施行されれば、スプーンやフォークなどを無料で配っているコンビニや飲食店などに対し、有料化や代替素材への切り替えが義務付けられる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -