ニュース
» 2021年07月27日 09時08分 公開

銀行とセキュリティ 6人に1人がパスワード使い回し(1/2 ページ)

キャッシュレス決済利用者からは、キャッシュレス決済サービスとの連携が豊富なネット銀行が高い支持を得ている。一方で、過半数がセキュリティに不安を持つが、パスワード管理はリスク高い状況続く。

[季原ゆう,ITmedia]

 PayPay銀行(東京都新宿区)は、15歳〜59歳の男女各500人を対象に銀行利用とネットセキュリティに関する意識、実態調査を実施した。直近で開設した口座の1位はネット銀行であり、来店不要な点が評価されたことが分かった。

 直近で銀行口座を開設した時期について尋ねると、「1年以内」と回答した人が21.6%と5人に1人おり、直近1年で開設した銀行については、「ネット銀行」が44.0%と最多となった。次いで「ゆうちょ銀行」が19.0%、「地方銀行」が15.3%となった。

直近1年で開設した銀行(PayPay銀行調査より)

 ネット銀行が便利に思う点については、「いつでもどこでも使える」と回答した人が50.1%と半数。また、「店舗にいかなくても手続き可能」が33.6%、「手数料が安い」が33.2%となった。コロナ禍において、いつでもどこでも使えて、インターネットで口座開設や手続きができる点などからもネット銀行の口座開設が増加している。

 現在使用している銀行口座では、全体では「ゆうちょ銀行」が67.9%と最多となり、「地方銀行」42.6%、「都市銀行」40.2%と続き、「ネット銀行」は38.0%となった。普段よくキャッシュレス決済を行うと答えた人に限定すると、「ゆうちょ銀行」69.0%に続き、「ネット銀行」は49.9%となり、「都市銀行」や「地方銀行」を上回る結果となった。キャッシュレス決済利用者からは、キャッシュレス決済サービスとの連携が豊富なネット銀行が高い支持を得ているようだ。

キャッシュレス決済の利用状況と利用している銀行(PayPay銀行調査より)
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -