3分Biz.
調査リポート
» 2021年07月28日 11時10分 公開

ゴールドカード所持者の中で最も多い年収は0万〜100万円 なぜ?4人に1人がゴールドカードを所持

東晶貿易はゴールドカード所持率に関する調査を実施した。調査によると、ゴールドカードを所持している人の中で最も多い年収は0万〜100万円だった。高所得者が持つイメージの強いゴールドカードだが、なぜこのような結果になったのだろうか?

[コネムラメグミ,ITmedia]

 比較サイト「クレジットカード比較plus」を運営する東晶貿易(東京都港区)は、ゴールドカード所持率に関する調査を行った。ゴールドカード(プラチナカード・ブラックカード含む)を所持している人の年収で最も多いのは、0万円〜100万円で全体の15.4%だと分かった。

東晶貿易はゴールドカード所持率に関する調査を行った(画像提供:ゲッティイメージズ)

 主婦(主夫)層が多く入っていることが理由で、配偶者に収入があれば自身に収入がなくともゴールドカードを持つことが可能なようだ。次いで400万〜500万円が14.0%、200万〜300万円が11.3%となった。比較的収入が低い層でもゴールドカードを所持している割合は高かった。ゴールドカード所持者の年収が偏っていないことからも、年収にかかわらずゴールドカードが利用されていることが分かる。

ゴールドカード所有者の年収割合で最も多いのは0万〜100万円(出所:以下、リリース)

 ゴールドカードを持つ理由で最も多かったのは、ポイント還元率が高いから(58.1%)、次いで特典の内容が良くなるから(34.0%)、空港ラウンジを利用できるから(30.0%)の順。実利を考えてゴールドカードを所持している人が多いことがうかがえる。

ゴールドカードを持つ理由とは?

 実際にゴールドカードを持っている人は全体の25.7%で、4人に1人が持つ計算だ。

ゴールドカードを持っている人の割合

 最近は、dカードゴールドやau PAY ゴールドカードなどポイント還元率が通常よりも高いカードや、三菱UFJカードゴールドやJCB GOLD EXTAGEのように年会費が数千円の割安なカードも出てきている。以前に比べ、ゴールドカードの選択肢が広がった今、ゴールドカードを選ぶ人が増えるかもしれない。

 今回の調査は、20歳以上59歳未満の男女を対象に、インターネット上で行った。期間は2021年3月26日〜4月2日、有効回答数は1921人。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -