3分Biz.
調査リポート
» 2021年06月30日 12時00分 公開

夏のボーナス想定支給額 3位「40万〜60万円」、2位「20万円未満」、1位は?「200万円以上」は19年の約半数

ロイヤリティ マーケティングが「夏のボーナス」に関する調査を発表した。トップ3は19年と変わらない結果となった。200万円以上もらっていた割合は19年と比べて約半数となった。ボーナスの使い道などの結果と合わせてみていこう。

[ITmedia]

 2021年夏のボーナスは、どのくらい支給されるのだろうか。共通ポイントサービス「Ponta」を利用している人に聞いたところ、ボーナス想定支給額の最多は、「20〜40万円未満」だったことが、ロイヤリティ マーケティング(東京都渋谷区)の調査で分かった。

夏のボーナスいくらもらえる?(画像提供:ゲッティイメージズ)

 「20万〜40万円未満」(24.3%)と答えた人が最も多く、次いで「20万円未満」(21.3%)、「40万〜60万円未満」(20.1%)と続いた。トップ3は19年の調査と同様の順位で、「200万円以上」と答えたのは19年の調査の約半数となる1.8%だった。

最多は20〜40万円(出所:ロイヤリティ マーケティング)

 夏のボーナスの使い道で最も多かったのは8年連続で「貯金・預金」(37.1%)、2位は「食品(ふだん食べるもの)」(5.3%)となった。3位の「旅行(宿泊)」は5.2%で14年の調査開始から、最も低い数字を記録した。また、「投資信託」(1.9%)が初めて上位10位に入った。

8年連続1位は貯金(出所:ロイヤリティ マーケティング)

 預貯金の用途は、「老後の生活への備え」が52.9%で1位。次いで、「将来の消費への備え」(46.9%)、「収入の変化への備え」(35.9%)の順となった。

老後の生活に向けて貯金を選ぶ人が多い(出所:ロイヤリティ マーケティング)

 調査は、Ponta会員3000人を対象に、インターネットで実施。期間は5月28〜29日。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

続きを読むには、コメントの利用規約に同意し「アイティメディアID」および「ITmedia ビジネスオンライン通信」の登録が必要です

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -