3分Biz.
ニュース
» 2021年06月29日 18時20分 公開

JAL×タニタが初コラボ 機内食を刷新したワケは?7月1日からコラボ機内食を提供

JALとタニタ食堂を手掛けるタニタが初のコラボ。ヘルシーな機内食の提供を開始する。機内食だけでなく、免疫力アップに関するコラムやストレッチなどの情報が盛り込まれたリーフレットも配布予定という。

[ITmedia]

 日本航空(JAL)とタニタがコラボレーションすると発表した。7月1日から、JAL国際線の長距離路線(一部を除く)にて、タニタカフェが監修した機内食の提供を開始する。

JAL×タニタの初コラボが実現(リリースより)

 JALは2011年から「AIRシリーズ」として吉野家やモスバーガーなどの有名飲食チェーンとコラボした機内食を展開してきた。今回、シリーズを刷新し、「カラダが喜ぶ Sky Wellness Kitchen」の提供を新たに始める。

 タニタと組んだ背景としてJALの担当者は「AIRシリーズは今年で10年目を迎えます。人々の健康志向の高まりから『よりヘルシーなものが食べたい』という声が多く寄せられました」と話す。

機内食は旅の楽しみの一つ(画像提供:ゲッティイメージズ)

 機内食の第1弾は「“噛む”ヘルシーサラダボウル」。免疫力を向上させる、たんぱく質やビタミン、食物繊維を豊富に含んでいる。健康志向に対応するため、デザートには豆乳プリンを用意した。免疫力に関するコラムや、タニタのオリジナルストレッチを紹介するリーフレットも配布予定だという。

 同社の担当者によると、「コロナ禍で免疫力が重要なキーワードになると考え、機内食に取り込みました」という。

ヘルシーなサラダに豆乳プリンとリーフレット付いてくる(リリースより)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -