3分Biz.
ニュース
» 2021年08月04日 13時50分 公開

松屋、ライスを無料で生野菜に変更する「ロカボチェンジ」スタート 狙いは?女性客獲得目指す

松屋がライスを生野菜に無料で変更できるサービスを開始する。「ロカボチェンジ」で女性を中心に新規客の獲得を狙う。

[ITmedia]

 松屋フーズは8月4日、牛丼チェーン「松屋」においてライスを生野菜に無料で変更できるようにすると発表した。8月10日から一部を除く全国の店舗でサービスの提供を開始する。適正糖質を摂取する食事法である「ロカボメニュー」を提供することで、女性を中心とした幅広い客層を獲得するのが狙い。

生野菜に変更する狙いは?

 サービス名は「ロカボチェンジ」で、対象となる商品は、牛めし、カレー、その他丼、全てのメインメニューのライス。ライス並を生野菜に変更すると、カロリーが約93%オフ、糖質が約95%カットできるという。

ロカボチェンジの概要(出所:リリース)

 コロナ禍の影響が長引いており、思うように外出しにくい状況が続いている。そのため、運動不足になっていると考えている消費者が増えている。ロカボメニューを投入することで、健康への意識が高まっているお客のニーズに対応する。

 松屋では2017年からライスを豆腐に変更できるサービスを提供している。これもロカボブームを意識してのことだ。ただ、料金が50円余計にかかってしまうことや、肉とライスをがっつり食べたいというニーズを持つお客が多いことから、それほど利用はされてこなかった。

 今回のサービスは、豆腐と違って追加料金がかからない。また、生野菜は女性に支持されやすいメニューだ。こうした点を踏まえ、広報担当者は「より多くのお客さまに利用していただきたい」と意気込んでいる。

松屋の生野菜(出所:松屋公式Webサイト)
ロカボライフを提案(出所:リリース)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -