コラム
» 2021年08月14日 08時15分 公開

エースの「背中が蒸れないリュック」は、なぜ売れているのか週末に「へえ」な話(1/3 ページ)

暑い夏。リュックを背負って「汗ばむなあ」「蒸せる」と感じたことがある人も多いのでは。こうした問題を解決するために、バッグメーカーのエースは「蒸れないリュック」を開発した。どういった機能が搭載されているのかというと……。

[土肥義則,ITmedia]

 む、む、蒸れる――。「さ、会社に行こう」と準備が整ったにもかかわらず、このように感じる人も多いのではないだろうか。

 バッグを企画・販売しているFUMIKODAが18歳以上の男女に、ビジネスシーンでどのようなバッグをよく使うのか聞いたところ、3位に「リュック」(25.5%)がランクイン。いま使っているリュックで不満を感じていることを尋ねると、「背中が汗ばむ」(31.4%)と答えた人が3割もいたのだ。

リュックに不満を感じていること(出典:FUMIKODA)

 「リュックを背負っていて、背中が蒸れる、汗ばむ」といった悩みを抱えている人が多いようだが、メーカー側も指をくわえて黙っているわけではない。筆者が気になっているのは、バッグメーカーのエース(東京都渋谷区)が6月に発売した「ラパックエアV2」(2万4200円〜)だ。

ビジネスリュック「ラパックエアV2」が登場

 同商品には初代モデル「ラパックエアV」があって、それと比べると発売1カ月の売り上げ(販売ベース)は、約150%と好調な滑り出しを見せている。初代が発売されたのは、2年前の19年。消費者から「リュックを背負っていると、汗ばんで、汗ばんで。どうにかできないか」といった声を受けて、“涼しさ”を感じられる商品を仕上げたにもかかわらず、なぜ2代目のほうが支持されているのだろうか。

背中とリュックの間に空間を設ける通気構造を採用

 初代が抱えていた“課題”を、2代目はうまく解決したからではないだろうか――。このような仮説を立てて、同社を取材したところ、2つのキーワードが浮かんできた。それは「重さ」と「出し入れ」である。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -