3分Biz.
ニュース
» 2021年08月20日 18時00分 公開

ベンツ、「C200」など1.8万台リコール 火災の恐れ

メルセデス・ベンツ日本は8月20日、乗用車「C200」など3車種、計1万8490台のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。

[ITmedia]

 メルセデス・ベンツ日本は8月20日、乗用車「C200」など3車種、計1万8490台のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。電気装置に不具合があるとして、最悪の場合火災に至る恐れがあるとしている。

ベンツ (画像提供:ゲッティイメージズ)

 対象車の輸入期間は2014年2月14日〜2018年4月2日。4気筒ガソリンエンジンに搭載されているオルタネータにおいて、アイドル時の発電制御が不適切なため、整流器のダイオードが熱を受けて破損。警告灯の点灯や充電不良を起こし、エンジンがストールすることがあるとしている。

 また、特定の組み合わせのダイオードが複数破損して短絡した場合、オルタネータに大電流が流れて発熱することで、最悪の場合、火災に至る恐れがあるという。これまでに不具合件数60件、うち火災12件が報告されている。

ベンツ 改善箇所説明図(出所:国土交通省Webサイトより)

 改善措置として、全車両の点検を行い破損が確認された場合は、オルタネータを対策品に交換するとしている。また、破損がない場合はエンジンコントロールユニットの制御プログラムを対策プログラムに書き換える。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -