インタビュー
» 2021年09月03日 09時10分 公開

ホテルニューオータニ、5トンの生ごみから「カクテル」を開発 誕生のワケを探ったカクテル×SDGs(1/3 ページ)

ホテルニューオータニ東京は「生ごみ由来のカクテル」を開発したと発表した。ホテルの厨房などから1日に出る5トンの生ごみを活用しているというが、どういうことなのだろう? 担当者に話を聞いてみたところ……

[熊谷紗希,ITmedia]

3分インタビュー:

 「SNSで話題のあの商品はどうやって開発したの?」「なぜこの会社はこんな取り組みを進めているの?」ちょっと気になっていた企業の“なぜ”をコンパクトに紹介します。

 サービスや製品に込めた思いや苦労話など、担当者にしか分からない「裏側」を徹底取材。仕事が忙しくて、じっくりと情報を得ることができない人でも読めるよう、できるだけ簡潔にまとめています。テレワーク中の息抜きや移動時間、就寝前に「3分インタビュー」でサクッと情報収集!

記事一覧はこちら


 東京・四ツ谷の高級ホテル、ホテルニューオータニが新作カクテルを発表した。コンセプトは「生ごみから生まれたカクテル」。「え? 大丈夫?」と思わず聞き返したくなるカクテルだが、どのような商品なのだろうか?

 カクテルを開発したホテル内のバー「カプリ」のマネージャーの吉田宏樹さんと同社の広報、片岡慎一郎さんに話を聞いた。

ホテルニューオータニが開発したカクテルの誕生秘話を聞いた(画像:リリースより)

「生ごみ生まれのカクテル」に隠された秘密とは?

――「生ごみ生まれのカクテル」と聞いて大丈夫なのか? と心配しているのですが、どういったカクテルなのでしょうか?

吉田さん: もちろん大丈夫です。生ごみがそのまま入ってるわけではありませんしね(笑) 当ホテルから出る生ごみを「コンポストプラント」という機械を使ってたい肥に変え、そのたい肥で育てたフルーツや野菜を使ったカクテルのことを指します。

 私たちは「サステナブルカクテル」と呼んでいます。今回は第三弾で梨のカクテル「Re.Pear」を9月1日から11月30日まで提供する予定です。ちなみに、第一弾はトマト、第二弾はフルーツの皮を使ったカクテルを用意しました。

 サステナブルカクテルに欠かせない「生ごみ」、当ホテルから1日に出る量はどれくらいだと思いますか?

ホテルニューオータニから1日に出るごみの量はどのくらい?(画像:ゲッティイメージズ)

――え! いきなり質問ですか! そうですね……多く見積もって2トンくらいでしょうか?

吉田さん: 正解は5トンです。当ホテルは、33室の宴会場と37店舗のレストラン、3店舗のバーがあります。そこから毎日出る生ごみをたい肥にし、提携する農家に販売する。提携農家がそのたい肥を使って育てたフルーツや野菜を買い取り、食材として再利用しているのです。

 当ホテルでは1999年からこの取り組みを推進していますが、当時は今ほどサステナブルという考え方が浸透していませんでした。そのため、「生ごみ由来」をお客様に提供していいのか? というジレンマがあり、生ごみ由来の食材は社員食堂でのみ使われていました。

 近年、サステナブルが浸透し始め、お客様にもぜひ味わってほしいという思いからまずはカクテルの開発に至りました。

ホテルニューオータニが構築する「循環型リサイクルシステム」
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -