3分Biz.
調査リポート
» 2021年09月06日 14時05分 公開

企業本社の「脱・首都圏」半年で186社! 転出先の都道府県で最も多いのは?過去最多ペース(1/2 ページ)

帝国データバンクは本社移転に関する分析を発表した。首都圏からの地方への転出が過去最多ペースだという。最も多い転出先の都道府県は?

[ITmedia]

 帝国データバンクは、2021年1〜6月に首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)から本社所在地の移転が判明した企業を調査、分析した。首都圏外へ本社を移転した企業数は186社に上り、転出先で最も多い都道府県は22社で「大阪府」だった。

帝国データバンクは首都圏外へ本社移転した企業について分析した(画像:以下、リリースより)

 半年で150社超えとなったのは過去10年間で初めてとなる。同社によると、このペースが続いた場合、首都圏外への企業移転は02年の311社以来19年ぶりの300社台となる見込み。また、1990年以降で最多だった94年の328社を超える可能性が高いという。

首都圏・本社移転者数の推移

 同期間における首都圏への転入企業は172社で、通年で転入社数が過去最多だった15年に並ぶ高水準で推移している。同社は「首都圏への本社移転を予定していた企業がコロナ禍を理由に、20年中の実施を延期したことによる反動増も考えられるものの、企業の首都圏流入の動きは依然として強い。一方、企業の脱・首都圏の動きが流入を上回って推移しており、21年通年の本社移転は10年以来11年ぶりの転出超過となることが予想される」と分析する。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -