メディア
トップインタビュー
ニュース
» 2021年09月24日 07時00分 公開

キャッシュレス決済が顧客体験向上を生み出す──CRISP宮野代表に聞くサラダ専門店(1/11 ページ)

“コネクティッド・レストラン”の構築を目標に2014年に起業されたCRISPは、セルフレジシステムの活用、グループオーダー、サブスクリプションと拡大を続け、同社製のセルフレジシステムは他社への販売も行う。顧客接点の作り方や、テクノロジーを活用したサービス向上の手法、将来の展開などを宮野浩史社長に聞いた。

[安蔵靖志(IT・家電ジャーナリスト),ITmedia]

 CRISPは、新しい外食企業“コネクティッド・レストラン”の構築を目的に2014年に創業の起業。現在は、ニューヨーク風のスタイリッシュなインテリアと、1日に必要な野菜を1食で摂れる点が人気のカスタムサラダ専門店「CRISP SALAD WORKS」でのサラダ販売が事業の中心だ。

 しかしCRISP SALAD WORKSの特徴は、インテリアやサラダの内容にとどまらない。セルフレジシステムを利用した対面販売のほか、オフィス向けのグループオーダー、サブスクリプションサービスも展開。22年にはピックアップステーションの構想もあるという。

 また、同社製のセルフレジシステム『CRISP PLATRFORM』は、サラダ専門店での店頭利用のほか他社への販売も行っており、宮野浩史社長は「我々の本業はテクノロジー」だと語る。

 新型コロナウイルス禍でテレワークのニーズが高まったことで、飲食店での外食から宅配サービスやテークアウトなどに人気が移り変わるなど、飲食産業のあり方が大きく変わろうとしている。

 CRISP SALAD WORKSの顧客接点の作り方や、テクノロジーを活用したサービス向上や新サービス展開の手法、そして将来の展開などをCRISPの宮野浩史社長に聞いた。

CRISP 代表取締役社長の宮野浩史氏
カスタマイズして注文したサラダ
       1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -