ニュース
» 2021年10月08日 12時23分 公開

ローソン、上半期の連結決算を発表 好調な「まちかど厨房」を8400店に拡大コロナ禍の需要に対応(2/3 ページ)

[ITmedia]

まちかど厨房が好調

 店内のキッチンで調理した弁当や調理パンなどを提供する「まちかど厨房」の売り上げは前年比120%超と好調だった。まちかど厨房の導入店舗数は8月末時点で7100店だが、21年度には8400店まで拡大する予定だ。ローソンの竹増貞信社長は、「今後は、お客さまがスマートフォンで事前に注文し、店舗に到着したら出来立てを受け取れるようなサービスも検討している」と説明した。

まちかど厨房の取り組みを強化

 日用品や菓子などを強化するために、ローソンでは無印良品の商品を東京都、埼玉県、千葉県にある110店舗で販売している。4月に導入した79店舗においては、導入カテゴリーの売り上げが、導入前と比較して約20%伸びたという。また、同エリア・同立地の既存店と比較しても売り上げが好調だった。

一部店舗で販売している無印良品の商品(出所:ローソン公式Webサイト)

 コロナ禍でデリバリーニーズが高まっているため、ローソンは「Uber Eats」や「foodpanda」といったサービスの導入を推進する。8月末には2089店舗(32都道府県)に導入しているが、21年度末には3000店舗に拡大する。

ウーバーの取り扱い店舗数を拡大(出所:リリース)

 海外事業においては、中国での店舗網拡大を急ぐ。21年9月時点で4000店を突破している。現地パートナーとのエリアライセンス契約などで、25年には1万店を目指すという。日本でヒットした「悪魔のおにぎり」といった商品を展開するとともに、現地のニーズに対応した品ぞろえを強化する。コロナの影響から脱した中国事業が、海外事業全体をけん引しているという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -