金融機関のデジタル活用〜デジタル活用のヒントを探る〜
ニュース
» 2021年10月11日 09時55分 公開

住信SBIネット銀行、楽天銀行、続々上場へ

ネット銀行の新規上場が進んでいる。10月8日、SBIホールディングスおよび三井住友信託銀行傘下の住信SBIネット銀行は、東京証券取引所に上場申請を行ったと発表した。また、楽天子会社の楽天銀行は9月30日に、上場準備に入ったことを発表している。

[斎藤健二,ITmedia]

 ネット銀行が新規上場へ向けて進んでいる。10月8日、SBIホールディングスおよび三井住友信託銀行傘下の住信SBIネット銀行は、東京証券取引所に上場申請を行ったと発表した。また、楽天グループ子会社の楽天銀行は9月30日に、上場準備に入ったことを発表している。

 住信SBIネット銀行は2007年創業。SBIグループのネット証券であるSBI証券との口座連携や、住宅ローンが強み。470万口座(6月末)、預金残高は6兆4479億円(6月末)。住宅ローンは21年8月に累計融資実行額が7兆円を突破し、22年3月期は1兆円を超す水準を目指し、業界首位を狙う。

住信SBIネット銀行が強みを持つ住宅ローンは取扱額累計が7兆円を超えた。今期は年間で1兆円を目指す

 楽天銀行は、イーバンク銀行として01年に創業し、09年に楽天(現楽天グループ)の子会社となった。口座数は1138万口座(9月末)とネット銀行首位。預金残高は6兆4993億円(9月末)となっている。ネット証券の楽天証券と口座連携に強みを持ち、200万人以上が利用している。楽天は、携帯電話事業への先行投資がかさんでおり、楽天銀行の上場で資金調達手段を確保する狙いがあると見られる。

楽天銀行の口座数は1138万とネット銀行首位

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -