ニュース
» 2021年10月16日 08時00分 公開

「パジャマスーツ」で年間売上高100億円を目指す AOKIが進める新戦略24時間どこでも着られる(1/2 ページ)

AOKIは「パジャマスーツ」の訴求を強化し、3年をめどに年間売上高100億円を目指すと発表した。

[上間貴大,ITmedia]

 AOKIは10月14日、新戦略の柱として「パジャマスーツ」の訴求を進め、今後3年をめどに年間売上高100億円を目指すと発表した。

 パジャマスーツは、コロナ禍でリモートワークが浸透する中、テレワークやちょっとした外出時などに着用できる商品として2020年11月から展開している商品。ネーミングは、発売当初「パジャマ以上・おしゃれ着未満」というコンセプトを見たお客が「パジャマスーツをください」と尋ねたことがきっかけだったという。

パジャマスーツ パジャマスーツの訴求を強化(出所:プレスリリース)

 同社がパジャマスーツを購入したお客にアンケートを実施したところ、約8割が「オフィスやテレワークで着用する」と答えた一方で、同じく約8割が「おでかけ着や近場の外出着として利用する」と回答。同社が想定した以上に幅広いシーンで着用していることが判明したという。

 そこで今季は、ラインアップを前年の約10倍に拡大。テレワークだけでなく、旅行や外出時、カフェ、ゴルフなど、シーンレスで着用できる「ニューノーマル時代の新しいウェア」としての提案を強化するとしている。

パジャマスーツ AOKIパジャマスーツ新戦略記者発表会

 代表的なマーケティング施策としては、パジャマスーツ初となるテレビCMを展開する。また、テレビCMやチラシなどのマス広告を通じた幅広い年代への訴求の他、若年層に向けてSNSや動画広告の強化を図る。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -