3分Biz.
ニュース
» 2021年11月09日 13時10分 公開

TikTok流行語大賞2021 「卒アルお父さん」「写り込みチャレンジ」などがノミネート月間アクティブユーザーは10億人突破

バイトダンスは、2021年にTikTokで流行したワード「TikTok流行語大賞2021」ノミネート30選を発表した。コロナ禍で世界の月間アクティブユーザーが10億人を突破したTikTok。どのようなワードがノミネートされているのか。

[ITmedia]

 「TikTok(ティックトック)」を運営するバイトダンスは、「TikTok流行語大賞2021」にノミネートした30ワードを発表した。大賞発表は12月8日を予定。TikTokの世界の月間アクティブユーザー数は、20年7月時点では世界で6億8900万人だったが、コロナ禍で利用者が大幅に増え、9月時点で10億人を突破しているという。

「TikTok流行語大賞2021」のノミネートワード30(画像:リリースより)

 ノミネートした「卒アルお父さん」とは、息子・娘がお父さんの卒業アルバムの写真を投稿し、昔のかっこよかった青年時代と現在を比較するビフォーアフターチャレンジ。動画の累計再生回数は5億回に上る。

 「写り込みチャレンジ」は夏に世界的に人気となったチャレンジ。動く四角い枠内に時間内に移動し写真撮影するというもの。あえて撮られないように枠から逃げる「写り込まないチャレンジ」も派生して人気となった。累計再生回数は3億回超え。

卒アルお父さんの投稿(左)、写り込みチャレンジ(画像:TikTokアプリより)

 チャレンジ系のほか、楽曲も多くノミネートされた。Adoの「うっせぇわ」や青森市のご当地アイドルユニット「青森ナイチンゲール」(現在活動休止中)のテーマ曲「青森ナイチンゲール」、back numberの「水平線」、TikTokから火がついたシンガーソングライターWurtSの「分かってないよ」などが選出。

 大賞の選定方法は、21年の動画投稿数、再生数、いいね数、TikTokアプリ内のユーザー投票数などをもとに総合的に判断して決定するとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -