メディア
3分Biz.
調査リポート
» 2021年11月10日 11時20分 公開

「ジョブ型」「メンバーシップ型」どちらを選ぶ? 20代と30代以上で差(2/2 ページ)

[ITmedia]
前のページへ 1|2       

会社からジョブチェンジを指示されたら?

 会社意向のジョブチェンジ(職務変更を伴う異動)について適性面でどう思うか尋ねた。全年代において「意外な自分の適性を見つけられるかもしれない」(38.4%)が「向いていない仕事につく可能性がある」(24.3%)を上回り、ポジティブな反応を示していることが分かった。

会社意向のジョブチェンジについてどう思う?(適性面)

 スキル面でも異動経験の有無に限らず、「さまざまなスキルが身に付けられる」(異動経験あり55.5%、異動経験なし38.0%)が「1つ1つのスキルが浅くなってしまう」(同15.6%、同16.8%)というネガティブな意見を大きく上回る結果に。

会社意向のジョブチェンジについてどう思う?(スキル面)

 「仕事ぶりを適切に評価されていると思うか」と尋ねたところ、職務内容が明確な人は52.6%が「思う・やや思う」と回答。一方、職務内容が不明確だと感じている人が「あまり思わない・思わない」が58.4%、「思う・やや思う」が8.7%と大きな差が見られた。

 職務内容が明確になるほど、会社からの評価に対する満足度は高くなる傾向があるようだ。同社は「ジョブ型雇用を導入しないとしても、職務を明確化することで良い効果が期待できる。個々の職務・評価基準を明確化していくことは、社員との関係性構築に効果的」とコメントした。

仕事をぶりを適切に評価されていると思うか

 調査は、正規雇用者を対象にインターネットで実施。期間は9月24〜27日、有効回答数は700人(内訳:20〜50代各175人)。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -