金融機関のデジタル活用〜デジタル活用のヒントを探る〜
ニュース
» 2021年12月23日 15時35分 公開

楽天銀行、第一生命グループ顧客にインターネットバンキングサービス提供

楽天銀行は12月23日、第一生命保険のグループの顧客にインターネットバンキングサービスを提供する検討を開始したと発表した。第一生命グループの顧客がスマートフォンアプリからデジタルでの体験を提供することを目指す。

[斎藤健二,ITmedia]

 楽天銀行は12月23日、第一生命保険のグループの顧客にインターネットバンキングサービスを提供する検討を開始したと発表した。第一生命グループの顧客がスマートフォンアプリからデジタルでの体験を提供することを目指す。

 インターネットバンキングサービスの具体的な内容については明らかにしなかった。詳細は決定次第告知するとしている。

 楽天銀行は2019年11月に、東海地方を拠点とする大垣共立銀行と提携し、オープンAPIを使ってそれぞれの口座を連携させるサービスの提供を始めた。大垣共立銀行の利用者に、楽天銀行の専用口座を提供し、大垣共立銀行口座から楽天銀行の専用口座を経由して、各種公営競技への入金が行える。第一生命との提携は、大垣共立銀行に続く2社目となる。

 楽天銀行はインターネット銀行として初めて口座数が7月に1100万を突破。預金残高も6兆円を突破し、増加ペースは加速している。9月30日に上場に向けた準備に入ったことを発表済みだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -