3分Biz.
ニュース
» 2021年12月30日 09時00分 公開

東海道新幹線「のぞみ」に「子ども連れ専用車両」 JR東海が2月から導入帰省や家族旅行のニーズ

JR東海は、2022年2月から約2カ月半、土休日の東海道新幹線「のぞみ」の一部列車の指定席に「お子さま連れ専用車両」を設定する。帰省や家族旅行での利用を見込む。

[ITmedia]

 JR東海は、2022年2月から約2カ月半、土休日の東海道新幹線「のぞみ」の一部列車の指定席に「お子さま連れ専用車両」を設定する。帰省や家族旅行での利用を見込む。

 期間は22年2月11日(金・祝)〜4月24日(日)の土休日。1日片道2本、合計100本に専用車両を設ける。

 大人1人以上と小学生以下(乳幼児含む)1人以上から申し込みを受け付ける。子連れの乗客が周囲に気兼ねなく、長距離移動に使えるようにする。片道・1人当たりの料金(東京・品川駅〜新大阪駅の場合)は、大人が1万4000円、子どもが7100円。

 JR東海は12月19日まで、のぞみの子ども料金を実質無料にするキャンペーンも実施していた(関連記事)。出張などのビジネスよりも観光の需要回復が早いとみていて、家族旅行などの需要の掘り起しを狙う。

photo 土休日ののぞみに導入=JR東海のニュースリリースより
photo 料金の一覧=JR東海のニュースリリースより

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -