3分Biz.
調査リポート
» 2022年01月13日 10時30分 公開

転職活動でうまく回答できなかった質問 「退職理由」や「志望動機」を抑え1位となったのは?7200人に聞く(1/2 ページ)

転職支援サービス「エン転職」を運営するエン・ジャパン(東京都新宿区)は、転職活動での「面接」についての調査結果を発表した。

[ほしのあずさ,ITmedia]

 転職支援サービス「エン転職」を運営するエン・ジャパン(東京都新宿区)は、転職活動での「面接」についての調査結果を発表した。その結果、「面接でうまく回答できなかった質問」の1位は「逆質問」だった。

面接 面接でうまく回答できなかった質問は?(画像はイメージ)

 転職活動での面接は、76%が受けたことが「ある」と回答。面接準備としてやっておいた方が良いと思うことでは、「想定される質問への回答内容の準備」(69%)がトップだった。次いで、「自身が質問したい内容の準備」(63%)、「企業のホームページの確認」(60%)と続いた。

 回答者からは、「ある程度は答えを考えている方が、自信をもって答えられる」(24歳女性)や、「不明瞭な点を企業に直接聞ける場なので、事前に質問内容をまとめておくと良いと思う」(34歳女性)、「ホームページをよく見て理解を深めた上で面接に臨むと、受け答えにも自信をもてた」(24歳男性)という意見があった。

面接 転職活動での面接は76%(エン転職調べ)
面接 面接準備として行っておくべきことは? (エン転職調べ)

うまく回答できなかった質問は?

 面接で「うまく回答できなかった質問」を尋ねた。その結果、トップは「『何か質問はありますか?』という逆質問」(38%)だった。次いで「退職理由」(33%)、「志望動機」(32%)と続いた。また、年代別で大きな差がついたのは「今後のキャリアプラン」(20代:38%、40代以上:20%)だった。

 逆質問と答えた人からは、「たくさん質問するよう促されたため、いくつも質問したが、それでも『もう終わり?』という雰囲気になり、もっと多く考えていればよかったと思った」(27歳女性)、「1つは質問をしたが、『もっと他にいろいろ質問して』と何度も言われた。そこまで多くは質問が浮かばず、最後はあからさまに興味を失ったような態度をとられてしまった」(33歳女性)という声があった。

面接 面接で答えられなかった質問トップは「逆質問」(エン転職調べ)
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -