ニュース
» 2022年06月10日 07時00分 公開

【東京都】中古マンションの価格が高騰したエリア 3位「渋谷区南平台町」、2位「小平市鈴木町」、1位は?(1/3 ページ)

ワンノブアカインドは、運営するマンション情報サイト「マンションレビュー」の保有データを元に、“コロナ禍”における東京都の中古マンション価格の変動について調査した。

[秋月かほITmedia]

仕事に役立つ調査データ:

消費者の傾向、若者の価値観、働き方の変化――このコーナーでは、ビジネスパーソンの働き方や企業の戦略立案に役立つようなさまざまな調査データを紹介していく。

 ワンノブアカインド(東京都港区)は運営するマンション情報サイト「マンションレビュー」の保有データを元に、“コロナ禍”における東京都の中古マンション価格の変動について調査を実施した。2019年と21年の販売価格を比較した結果、価格が高騰したエリアの1位は「渋谷区宇田川町」だった。

photo コロナ禍において中古マンションの価格が高騰したエリアは?(以下リリースより)

東京都のコロナ禍での中古マンション価格騰落率ランキング・総合

photo 東京都のコロナ禍での中古マンション価格騰落率ランキング・総合(1〜10位)

 「東京都のコロナ禍での中古マンション価格騰落率の総合ランキング」の、1位は「渋谷区宇田川町」で、58.29%価格が上昇していた。同エリアにおける70平米換算推定価格は1億3461万9400円で、コロナ前の19年から約5000万円上昇している。これは20年に竣工した「パークコート渋谷ザ タワー」が影響し、相場を大きくけん引したものと考えられる。

 続く2位は豊かな自然が残る「小平市鈴木町」(+47.90%)、3位は閑静な住宅街が広がる「渋谷区南平台町」(+47.21%)という結果になった。

photo 東京都のコロナ禍での中古マンション価格騰落率ランキング・総合(11〜50位)
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.