ニュース
» 2022年07月27日 15時00分 公開

銀座に志かわ、8月の月初め食パンは「沖縄 熟成紅いもあん」(1/2 ページ)

高級食パン専門店「銀座に志かわ」は、毎月1日から10日間限定で販売している「月初め食パン」として、8月は「沖縄 熟成紅いもあん」を発売する。紅芋のあんと同店の食パンの甘みを調和させ、上品な和菓子のように仕上げた。

[今野大一ITmedia]

 高級食パン専門店「銀座に志かわ」は、毎月1日から10日間限定で販売している「月初め食パン」として、8月は「沖縄 熟成紅いもあん」を発売する。紅芋のあんと同店の食パンの甘みを調和させ、上品な和菓子のように仕上げた。

photo 8月は「沖縄 熟成紅いもあん」を発売する(プレスリリースより)

 月初め食パンは5月より毎月1日から10日間限定で販売している。毎月異なる味わいのあんが巻き込まれており、季節感を意識した味わいを楽しむことができるようにした。7月の「二段仕込み 塩こしあん」に続く商品だ。

photo

 沖縄 熟成紅いもあんは、定番商品の「水にこだわる高級あん食パン」と同様、ずっしりとした重みと、美しいあんの渦模様を特徴とした。紅芋は沖縄県内でも1位の収穫量を誇る久米島産のものを使用している。

 毎月1日から配布している千社札(別名・朔日札)も、「月初め食パン」と連動した「季節の旬の味わい」をモチーフとしたデザインにした。

photo
photo
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.