コラム
» 2007年09月28日 12時00分 公開

+D Style モテるクルマの選び方:フランクフルトモーターショー!「Fiat 500(チンクエチェント)編」 (2/2)

[今井優杏,ITmedia]
前のページへ 1|2       

photo FIATブースのコンパニオンは、シルバーのワンピースでサイバーな装い。ファッション界では今年、このサイバー調が流行ですが、さすがイタリア!!ばっちり最先端です

 この茶目っ気、この演出、まさにドギモを抜かれるとはこのこと!

 小ささをウリにしているのにあえて巨大チンクエチェントを造ってしまうなんて、その発想の転換に不意打ちを受け、思わずハートを打ち抜かれて、まさにフォーリンラヴです。

 しかもその中に乗れるというではありませんか!


photo 私との大きさの差、わかっていただけますか??

 列の最後に並ぼうと果敢に挑戦しましたが、あまりの長蛇の行列にあえなく断念……このときばかりは限られた取材の時間の短さを恨みました。

 かくなるうえは、ゼッタイにインテリアの写真だけは撮ってやるぞ!! と鼻息荒く展示車両に近づきますが、これまたものすごい人の山!

 車格がちいさいので、たどり着くまでなにもみえなかったため、その姿を間近で見たときには後光が射しているように思えたほどでした(大げさですね)。


photo これが新チンクエチェントです!! ふんだんにメタルを使ったクラシカルだけど丸みがある新しいデザインは、このボディサイズでしか完結しないモノでしょう。これ以上大きなクルマでここまでの装飾をつけてしまうとクドいですよね。丸いお目目がすてきです

 展示されていたのは、やわらかい卵色の美しい、チンクエチェントでした。

「ああ……」
取材陣一同、ため息。

 それはそれは、ほんとうに愛らしくかわいらしく、高貴にかがやいていたのです。


photo 後部から見たインテリアです。あたたかい白、ベージュ、茶色。子供っぽくないかわいらしさです。なによりも……フロントガラスの向こうのギャラリーを見て!! これほど注目されているんです!!

 乗り込むと、NUOVA500のレトロさを上手く再現しながらも新しさも新鮮さも感じる素晴らしいインテリア。

 レトロ感を出す手法はミニなどでも見られますし、たいして斬新というわけではありませんが、メーターはレトロに、センターコンソールは使いやすく近代的に、そして随所にイタリア車らしく塗装した鉄をつかった装飾は、うっとりするくらいの時代を越えた普遍的な「モダンデザイン」です。


photo 鉄+メタル+プラスチックの質感が安っぽさを感じさせない非常に凝ったセンターコンソール。同色異素材の組み合わせが上手! 急にハザードが必要になったときも、この位置のレイアウトならすぐに手を伸ばせます

 シートはキャメルに白のパイピングで、これまたポップではないシックなかわいらしさ。

 いつまでも座って眺めていたい、そしてこのクルマで出掛けるなら、たくさんアクセルをふかしてしゃかりきに運転するんじゃなくって、ゆっくり「乗ってる自分」に酔いながら運転したい……。お弁当作って、愛犬といっしょに海辺の公園なんかもすてき。紅葉を見に行ったりしても、きっとその赤や黄色に美しく馴染むだろう……。どの季節にもきっと似合うだろう……と一気に「たのしい予感」が胸を満たしました。


photo 助手席側には「500」のロゴ。その下には小物入れも付いていて、オシャレだけじゃない実用性も備えています

 一番ビックリしたのは、もう発売されているクルマだというのに、世界中から来たプレスがこぞってこのブースに集まっていたことでした。もしかしたら、ワールドプレミアのクルマよりも集客していたかもしれません。

 その圧倒的な人気は、私のようにひと目でハートを打ち抜かれてしまった人々がたくさんいる、ということの裏づけでもありました。


photo 革巻きのステアリングの向こうに見えるのは、オールドスタイルのメーター。エアコン吹き出し口の下にも小物入れも見えます。この色の内装は手入れがね……なんて言わずに、是非このあかるい内装を試して欲しい!! というか、私は欲しい!!

 このクルマにはなんだか楽しそうなことがたくさん詰まってる、しかもそれは手の届かないようなお値段ではなく、ちょっと手を伸ばせばきっと、届くようなところに。

 日本での発売はまだ決まっていません。ただ、2008年初めにはデリバリーされるだろう、と予想されています。最初に日本に入ってくるのは、ATモデルだとか。


photo イタリアで見た「NUOVA」と同じ色の展示車を発見しました。最初の写真と比べてみてください。「NUOVA」よりもすっきりシンプルになったリア。しかし丸みを持たせていたり、デザインに統一性をもたせているのがわかります。リアももう少しひねって欲しかったな、というのが唯一残念な点

 きっと熾烈な奪い合いが展開されるに違いありません。そしてこのチンクエチェントがまた新たな愛好家を生むことは、間違いないでしょう。

 チンクエチェントとは、イタリア語で500、という意味。500のナンバーをつけたチンクエチェントが日本を元気に走り回る姿が、もう目に浮かびます。

関連キーワード

モテ


筆者プロフィール

photo

今井優杏(イマイ ユウキ)

2006年にレースクイーンを引退し、レースを通じて知ったクルマの素晴らしさを伝えたい! とモータージャーナリストに転身。また、MCとしても、モータースポーツ関連イベントを中心に幅広く活動中。
愛車はFIAT・バルケッタ(赤)。ラテンのクルマを愛する情熱系。
クルマは所有も運転もJOIA(喜び)。もっと楽しみましょう!!


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -