ニュース
» 2007年10月04日 22時36分 公開

富士スピードウェイが鍛えた生粋の“F”――LEXUS「IS F」登場+D Style News:

トヨタ自動車は、LEXUS「IS」をベースにしたハイスペックモデル「IS F」を発表した。新開発のV型8気筒エンジンは423馬力。その名の“F”は、富士スピードウェイで鍛え上げられた証。

[ITmedia]

 トヨタ自動車は10月4日、LEXUSブランドの「IS」をベースに製作したハイスペックモデル「IS F」を12月25日から販売開始すると発表した。価格は766万円。

photo IS F

 名前に付与された“F”は同ブランドのプレミアムスポーツモデルであることを表し、その由来は走行テストを行なった「富士スピードウェイ」の頭文字にあるという。「基本性能を徹底的に鍛え込むとともに、走りの新技術を備えることにより、LEXUSの新しいパフォーマンスを提案する」ことをコンセプトとし、ドライビングプレジャーを追求したモデルと同社は位置づけている。

 新開発の5リッターV型8気筒DOHCエンジンを搭載し、423馬力(311kW)の出力を発揮する。自然吸気エンジンならではの加速フィーリングで、そのエンジン音は加速とともに3段階に変化するという。トランスミッションは「LS460」に搭載する8速オートマチックトランスミッションをベースに開発した「8-Speed Sport Direct Shift」を採用。マニュアルモードを備え、変速レスポンスを最速で0.1秒にまで高めている。

 エクステリアはフロントのグリルやフェンダー、前後バンパー、リヤスポイラーなどを専用に設計。インテリアは白と黒の基調色でコントラストを強調し、専用スポーツシートを備えた。また、300キロスケールのスピードメーター、切削加工を施した金属メーターリング、青色LEDで光るメーター指針などを採用している。

関連キーワード

トヨタ自動車


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -