ニュース
» 2007年09月21日 21時01分 公開

ルノー、「メガーヌ グラスルーフ カブリオレ」をマイナーチェンジ+D Style News

ルノーのハッチバック「メガーヌ」のカブリオレモデル「メガーヌ グラスルーフ カブリオレ」がマイナーチェンジ。内外装を変更し、電動格納式のグラスルーフは赤外線反射率がアップした。

[ITmedia]

 ルノー・ジャポンは9月21日、ハッチバック「メガーヌ」のカブリオレモデル「メガーヌ グラスルーフ カブリオレ」のマイナーチェンジを発表した。同日から販売を開始し、価格は395万円。

photo メガーヌ グラスルーフ カブリオレ

 ヘッドランプやリアランプ、グリルの形状を変更したほか、フロントとリアのバンパーをボディと同色にすることで、一体感のあるデザインとなった。電動式のハードトップはボタンひとつで開閉が可能で、所要時間は22秒。さらに、赤外線反射率を従来の78%から84%に高めたサンゴバン製グラスルーフを備え、ハードトップを閉めた状態でも開放感を楽しむことができる。ボディーカラーは新たに3色を追加し、全6色となった。

 インテリアはメーターパネルのデザインを変更し、質感を向上した。クーペスタイルながらリアシートのスペースにも考慮し、大人4人が快適にドライブを楽しめる。レザーのカラーバリエーションには新たにトープ・ブラウンを加え、従来のワイン・レッド/ダーク・カーボンとあわせた3色を用意した。

 エンジンは2.0リッターの直列4気筒DOHCエンジンを搭載する。可変吸気バルブタイミング機構を採用しスムーズな加速を実現した。出力は133馬力(98kW)。トランスミッションは4速AT。

 ボッシュと共同開発したアンダーステアコントロールロジック(UCL)を取り入れたボッシュ8.0エレクトロニック・スタビリティ・プログラム(ESP)を搭載し、トルクやブレーキの配分を制御し、横滑りやアンダーステアを防止する。またボディパネルの厚みを増やすなど車体の剛性も高めており、衝突時の安全性能を高めている。助手席シート座面内を含む合計6つのエアバックも装備する。

photo

関連キーワード

オープンカー | クーペ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -