コラム
» 2008年02月21日 10時49分 公開

「ライラの冒険 黄金の羅針盤」+D Style 最新シネマ情報

「ライラの冒険 黄金の羅針盤」がいよいよ日本で公開される。自身の葛藤、運命に翻弄といったファンタジー映画の醍醐味は薄口だが、子役ダコタ嬢の名演、ゴージャスなニコール・キッドマン、CGの凄さなどがオススメ。

[本山由樹子,ITmedia]
photo TM & (C) MMVII NEW LINE PRODUCTIONS,INC.ALL RIGHTS RESERVED.

 映像化不可能といわれたトールキンの「指環物語」を「ロード・オブ・ザ・リング」としてシリーズ化し、大成功を収めたニューライン・シネマ。そんな彼らが新たに手掛けたのがフィリップ・プルマン原作の「ライラの冒険 黄金の羅針盤」だ。監督は「アバウト・ア・ボーイ」のクリス・ワイツ。

 人間が、ダイモンと呼ばれる動物の精霊と寄り添って生きている世界。好奇心旺盛な12歳の少女ライラ(ダコタ・ブルー・リチャーズ)は、探検家の叔父アスリエル卿(ダニエル・クレイグ)が北の果てで謎のダストを目撃したと知り、一緒に連れて行ってくれと懇願するが、当然断られてしまう。

 そんな中、コールター夫人(ニコール・キッドマン)がライラを引き取ると言い出す。圧倒的な美しさと権力を持つ彼女に憧れを抱くライラは、一緒にロンドンに行くことを決意。すると、学寮長はライラに黄金の羅針盤を託す。それは世界で6つだけ作られたという真理計で、36の絵を指す3つの針が真実を導いてくれるというのだ。

 ライラが隠し持つ羅針盤に執着を持つコールター夫人はやがて本心を見せ始める。そんな中、子供の誘拐事件が頻発し、ライラの親友も犠牲に。ライラはコールター夫人から逃れ、そして親友を助けるため、北の果てへと向かう。

 喋るよろいグマ族やジプシャン族といった様々な種族が共存し、動物の精霊が存在するなど、子ども心をくすぐる設定。にもかかわらず、オープニングから聞きなれないカタカナが乱れ飛ぶ。原作未読の一見さんお断りムービーかと思ったら、ストーリーに馴染むまでにはそれほど時間はかからず、後は映像に圧倒されるのみ。ダイモン、特にライラのダイモンは、彼女が子供ゆえに変幻自在で、ネコ、鳥、オコジョなどに変化するが、CG合成は違和感なく、お見事。

 だが、気になる点もある。それはライラが誰からも何も教わらず、いきなり黄金の羅針盤を使いこなせること。“選ばれし子供”と言われればそれまでだが、「スター・ウォーズ」で言うならば、ルークがヨーダの師事を仰がないまま、いきなりフォースを使いこなせるようなもんだ。しかも、様々な種族があっさりとライラの味方になる点も疑問が残る。もっと自身との葛藤があったり、運命に翻弄されてこそ、ファンタジーの主人公にふさわしいのでは!?

 とはいえ、子役ダコタ嬢の大人顔負けの名演に、相変わらずゴージャスなニコール・キッドマン、「ロード・オブ・ザ・リング」に負けずとも劣らないCGの凄さなど、おススメポイントも多い。ファンタジー映画の醍醐味は続編に期待!

photophoto

TM & (C) MMVII NEW LINE PRODUCTIONS,INC.ALL RIGHTS RESERVED.

ライラの冒険 黄金の羅針盤

監督:クリス・ワイツ

出演:ニコール・キッドマン、サム・エリオット、エヴァ・グリーン、ダコタ・ブルー・リチャーズ、ダニエル・クレイグ

3月1日 丸の内ピカデリー1ほか全国松竹・東急系にてロードショー



筆者プロフィール

本山由樹子

ビデオ業界誌の編集を経て、現在はフリーランスのエディター&ライターとして、のんべんだらりと奮闘中。アクションからラブコメ、ホラーにゲテモノまで、好き嫌いは特にナシ。映画・DVDベッタリの毎日なので、運動不足が悩みの種。と言いつつ、お酒も甘いものも止められない……。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -