ニュース
» 2008年03月27日 12時12分 公開

+D Style News:BMW、小型オープンカー「1シリーズ カブリオレ」発売

BMW 1シリーズからカブリオレモデルが登場した。コンパクトセグメントながら後輪駆動のスポーティなドライビングが楽しめる、カブリオレのエントリーモデル。

[ITmedia]

 ビー・エム・ダブリューは、コンパクトカー「1シリーズ カブリオレ」の販売を開始した。価格は434万円。

photophotophoto 1シリーズ カブリオレ

 カブリオレのエントリーモデルとして位置づけられた新モデルは、約22秒で開閉する電動式のソフトトップを採用。時速約40キロまでであれば走行中にソフトトップを開くことができ、時速約50キロになるまで作動を続ける。またリモート・コントロール・キーの操作にも対応した。遮音性や断熱性に優れた、強度の高いファブリック素材を採用している。オプションのiDriveナビゲーション・パッケージ装備車では、エアコンにカブリオレ・モードを備えており、ソフトトップのオープン時には日光や車速に応じてエアコンを自動で調節する。

photophotophoto

 156馬力(115kW)の2リッター直列4気筒エンジンを搭載し、6速ATを採用。コンパクトセグメントとしては珍しい後輪駆動で、スポーティなドライビングが楽しめる。また、前後の重量バランスは50:50に最適化されている。

 安全面では、リヤシートのヘッドレスト部に内蔵された2本のロールオーバー・バーが飛び出して乗員を保護する機構を採用。車の傾きや加速度などをセンサーで検知して、事故の際に作動する。またフロントウインドーのフレームはAピラーとの取り付け部を強化し、ロールオーバー・バーとしても機能するよう作られた。アンダー・ボディやドア周りを補強してねじれ剛性を高めたほか、フロントシート内蔵のヘッド/サイド・エアバッグなども採用している。

関連キーワード

BMW | オープンカー


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間