ニュース
» 2008年06月17日 16時12分 公開

歴代VW車で最高の燃費を実現「ゴルフ TSI トレンドライン」+D Style News

フォルクスワーゲン グループ ジャパンが「ゴルフ TSI トレンドライン」を発売。新型TSIエンジンに世界初の横置き7速DSGを採用、直噴FSIテクノロジーとターボチャージャーとの組み合わせで歴代最高の燃費性能を実現した。

[ITmedia]

 フォルクスワーゲン グループ ジャパンは6月17日、ゴルフの新しいエントリーモデルとして「ゴルフ TSI トレンドライン」を設定、同日から販売を開始した。価格は248万円。

photophoto

 「ゴルフ TSI トレンドライン」は、ゴルフのエントリーモデルとして好評を博した「ゴルフ E」の後継モデル。国内初登場の1.4リッターTSIシングルチャージャーエンジンを搭載し、直噴FSIテクノロジーとターボチャージャーとの組み合わせで、小排気量ながら同社販売モデルとして過去最高の燃費(15.4km/L:10・15モード燃費)と2.0リッターエンジンに匹敵するトルク特性(最大トルク200Nm:1500rpm時)を実現した。

photophotophoto

 また、同エンジンには世界初の横置きエンジン用7速DSGを組み合わせて採用。従来より約20%ローギヤード化された1速ギアと約8%ハイギヤード化された7速ギア、デュアルクラッチシステムにオイル冷却不要の乾式クラッチ採用などトランスミッションの効率化が施されている。

 瞬間燃費や平均燃費などが表示可能なマルチファンクションインジケーターを標準搭載したほか、欧州で展開しているエコモデル「ゴルフBlueMotion」と同じ低転がり抵抗タイヤなど、エコドライブ支援アイテムを採用した。

関連キーワード

フォルクスワーゲン


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -